楽天カード海外旅行傷害保険が利用付帯で適用される条件は?SUICAなどの電子マネーチャージに注意

投稿日:

海外旅行傷害保険を適用の具体的な条件って?

「旅費や交通費を支払わないと有効にならない」という条件が楽天カードの海外旅行傷害保険にはあります。

これがいわゆる海外旅行傷害保険の利用付帯というものです。

しかしツアー料金の全額を楽天カードで支払いしなければ、海外旅行傷害保険の利用付帯にならないのでしょうか?

これではけっこうハードル高く感じますよね。

でも安心して下さい。

実は、海外ツアー代金の頭金だけを現金で支払って、残りの一部をカード決済した場合でも楽天カードの旅行傷害保険は適用されて有効になるんです。

つまり、旅行代金の一部を楽天カード払いしただけでもOKなんです。

海外旅行に楽天カードを持って行く
ちなみに、こうしたケースでカード支払いする金額については、「いくら以上なら有効になる」などの金額的条件はなし

少額でも楽天カード決済していれば保険が適用されるんです。

ポイント

  • 旅行代金の一部だけ楽天カード払いすれば海外旅行傷害保険の付帯対象になる
  • この場合の金額的な縛りはなし

 

もちろんこれは、ツアー料金や交通費の支払いについてです。

ちょっと勘違いしてしまいそうなんですが、ホテル代だけをカード支払いしただけでは、旅行傷害保険は有効になりませんので注意が必要です。

パンダ先生
海外旅行先のホテル代だけを楽天カードで払っても海外旅行傷害保険は適用にはなりません

 

海外旅行傷害保険が適用になる具体的な交通費とは?

楽天カードの海外旅行傷害保険を適用を受けるには、出国前の公共交通乗用具の支払いでいいことになっています。

では、認められる交通費の内容はどういったものなんでしょうか?

具体的に挙げてみると・・・

適用が認められる交通費など

○電車

○バス(時刻表があるもの)

○バス・電車などの回数券やプリペイドカード購入

○タクシー

○船(時刻表があるもの)

○航空券(時刻表があるもの)

○燃油サーチャージ代

○航空機の座席のアップグレード代

これらは公共交通乗用具として認められます

 

適用が認められない交通費など

× 高速道路代
× 空港駐車場代
× レンタカー代
× 空港利用税
× 航空券の発券手数料
× マイレージの交換手数料
× 飛行機チャーター料金
× ホテルのシャトルバス

これらは公共交通乗用具として認められません

 

スイカやパスモのチャージは認められるの?

交通系電子マネーについては注意が必要です

Suica(スイカ)、PASMO(パスモ)、icocca(イコカ)、manaca(マナカ)など

 

こうした電子マネーカードは、単純にカードへチャージするだけでは認められないのです。

認められるためには、以下の2点が必要です。

  1. 公共交通機関で利用した証明
  2. 楽天カードでこれらのカードへチャージした証明

考え方としては・・・

電子マネーはバスや電車などの交通機関に限らず、kioskやジュースの自動販売機や飲食などにも使えますよね。
なので使用用途が不明のままでは認証されないのです。

ここは重要ですので、気を付けて下さいね。

 

以上、楽天カード海外旅行傷害保険が利用付帯で適用される条件は?SUICAなどの電子マネーチャージに注意...という話題でした。

 

楽天カードの海外旅行傷害保険の補償金額などをまとめた記事は別でまとめています。

【関連記事】・楽天カードの海外旅行傷害保険適用条件に落とし穴!補償金額だけじゃない注意点に気をつけて

-利用ルール

Copyright© 楽天カード申し込みその前にcom , 2019 All Rights Reserved.